満艦飾

風景、都市、科学、動物、オカルトなどなど。 世界のウェブサイトを巡りおもしろく感じた話を日本語にしてお送りします。

2014年02月

不気味な低周波音が忍び入ってくる、タオス・ハム。これはなんだ……聞こえだしたら止まらない。

1024px-Taos_Pueblo2
photo: wikimedia
米ニューメキシコ州タオスの町では「タオス・ハム(Taos Hum)」と呼ばれる不思議な現象が観測されています。途切れることのない、ブンブンうなるような低音が聞こえるというもので、外よりも室内の方がよく聞こえ、また、昼よりも夜の方がよく聞こえるということです。最初の報告があったのは1991年の春です。

タオスの人口は約4700人ですが、全員に聞こえるわけではなく、ある調査結果によるとおよそ住民の2%が体験しています。「聞こえる人」に言わせると、どこかでディーゼルエンジンがアイドリングしているような音、というのが説明として最も近いそうです。「もはや拷問の一種で、時々大声を上げたくなる」とまで追い詰められている人もいます。
続きを読む

古代ローマの剣闘士養成学校を再現した動画。荒くれ者の群に身を投じる人生が少しだけ想像しやすくなる。

800px-Gladiators_from_the_Zliten_mosaic_3
photo: wikimedia
オーストリア、ウィーン近郊のカルヌントゥム(Carnuntum)で古代ローマの剣闘士養成学校の跡が発見された。剣闘士(グラディエイター、gladiator)とは円形闘技場で見世物として戦った剣士を指す。カルヌントゥムの養成学校はローマ本国以外で発見された初の例となる。

発見されたといっても発掘されたわけではなく、上空からの調査や地中レーダーの活用等、実際に掘り起こさない手法を使って研究が進められてきた。その結果、2世紀前後の剣闘士の暮らしぶりについて、その日常が詳細に分かってきた。
続きを読む

ネガティブすぎる……魔神にこんなことお願いしてどうするの、というコミック・数学者の願い

Fewer Wishes
SMBC / Zach Weiner


20140225

不思議なランプの魔神の登場です。
どうやら三つの願いをかなえてくれるみたいですよ。
こういう状況になったらぜひ言ってやろうと昔から思っていた言葉があるのですが……驚きました。みな考えることは一緒なのですね。

続きを読む

貨物船の、さびが浮いた横腹の写真がなぜか美しい。写真家フランク・ハラム・デイによる"Ship Hulls"。

PageImage-508952-3380949-f34eccdbdb
photo:Frank Hallam Day
米ワシントンDCを拠点に活動する写真家フランク・ハラム・デイ(Frank Hallam Day)による船体の写真です。撮影地は、アフリカはナリジェリアのラゴスとカメルーンのドゥアラです。もともとはこれらの町の港に廃棄された船がたくさん座礁しているとの情報を聞きつけたデイが、それを題材に写真を撮ろうと出かけたものでした。数ヶ月もかけて廃棄船を撮影している内に、毎日現場まで小舟で往復する途中に見かける(現役の)貨物船の横腹に興味を持ち、被写体としての可能性を感じるようになりました。
続きを読む

赤ちゃんの絆よ永遠に!涙はなぜ伝染するのか分かるコミック・ベイビーズ

Babies
Gunshow / kc green

20140224

赤ちゃんたち、なにやらダーダー言っていたと思ったら、いっせいに泣き出してしまいましたよ。強面のおっさんみたいな赤ちゃんなのに意外にかわいいところが……いや、赤ちゃんはもともとかわいいですけれどね。

続きを読む
フォローする
記事検索
  • ライブドアブログ