満艦飾

風景、都市、科学、動物、オカルトなどなど。 世界のウェブサイトを巡りおもしろく感じた話を日本語にしてお送りします。

オカルト

ハロウィン近し。イギリスの新聞に寄せられた心霊体験談をお届けします。その1

spirit-394324_1280
photo: pixabay
Mirror紙に寄せられた心霊体験談から。数が多いので何回かに分けてお届けします。ハロウィンに向けてどんどん増えているようですので、訳し終わるかどうかも分かりませんが、こうしてすぐに集まるところがいかにもイギリスですね。これは創作ではなく、全て実際の体験談である点に注意する必要があります。
続きを読む

イングランドの古城ドーバー城に出没する幽霊の数々。そうした中の一体と思われる黒い影が、はっきりと動画に記録されていました。

1024px-Castle_Church_and_Harbour
photo: wikimedia
今日は秋というのに暑いですね。ということで、少し季節を戻して夏にふさわしい話題を。イングランドのドーバー城に幽霊が出現して、動画にしっかりと記録されたのだそうです。動画自体は2009年に撮影されていますが、最近まで埋もれていたようです。見てみると、なにやら確かにそれらしい、影のような黒っぽいものが写っています。塀のこちら側を右から現れて、道路を渡り、そのまま道路に沿って左手前の方に来ているような。なんとなく足が動いてる様子が見て取れるのですが、気のせいでしょうか。
続きを読む

ベッドの下に潜むもの。実はこれ、同じ理由で安心だと思っていたのですが、全然ダメじゃないですか。というかこんな妖怪、いっそう怖い。

tumblr_n9aimysR3Y1rmvzs8o1_1280

① ②
 ③

① 私、ベッドの下にいるものが怖いんです。
② でも、ほんのわずかな隙間しか空いていません。
③ だから、ベッドの下にいる「平ら男」が怖いんです。

これけっこう怖いですよね。猫も入れないような隙間だから大丈夫だと思っていたら、こんなものが潜んでいたとは。夜中にトイレに起きたとき寝ぼけて踏んでしまったらどうしよう。たぶん冷たくてぺたっとした感触で、ひゃあと声が出てしまいそう。あるいはモフモフとマットのような踏み心地なのか……。いずれにしても、日本でもうまくやっていけそうですね、この妖怪。

via: Deep Dark Fears

誰もいないはずの廊下に誰かがいる……。女がいるはずの絵に女がいない……。あなたはもう、壁に掛かっている絵を覗けなくなる——短編ホラー映画"pictured"。

mp4_000010560

たまにはホラーの短編映画を。ここはとあるアパートメントの一室。キーボードを打って仕事をしている女性の耳に、聞こえるはずのない物音が届きます。誰もないはずの廊下で、植木鉢が倒れて割れたのです。このアパートメントには人はその女性しかいないのに。いったい誰が……あるいは、何が……。
続きを読む

いたずらお化けが猫に悪さをするほんわかコミック"Ghost Friend"

Ghost Friend
Poorly Drawn Lines

ghost-friend

Poorly Drawn Lineに登場するお化けはなぜだかかわいいですよね。お化け君、この女の人の近くによく現れるようですよ。女の人は心配そうです。

続きを読む
フォローする
記事検索
  • ライブドアブログ