満艦飾

風景、都市、科学、動物、オカルトなどなど。 世界のウェブサイトを巡りおもしろく感じた話を日本語にしてお送りします。

イギリス

イギリスの新聞に寄せられた心霊体験談より。その6 老人は墓地を抜けて古い教会へと私たちを導きました。

coombe-abbey-crop
photo: mirror クーム修道院
ウォリックシャー
修道院の幽霊騒ぎ

以前、ウォリックシャーのクーム修道院で働いていました。ある晩、敷地の周辺を車で走っていたところ、修道僧の格好をした黒い影が車の前に立ちはだかりました。

車から出たところ、修道僧はいなくなっていました。

またもうひとつ、少女の伝説が残っています。修道院には濠があるのですが、そこに時々少女の幽霊が出現するのです。

私が遭遇したときは、少女の幽霊に真っ正面から見つめられてしまいました。しかし全く怖くありませんでした。クーム修道院には本当にいろいろな幽霊話があります。

——コヴェントリー、ディーン・ジェンキンス

続きを読む

イギリスの新聞に寄せられた心霊体験談より。その5 教会の尖塔に白く浮かぶ聖職者の霊。

Can-you-see-a-monk-like-figure-by-the-church-steeple
photo: mirror
カーディフ
教会の尖塔に修道僧のような影が浮いているのが見える


数年前、いとこと一緒にあちこちを旅し、とりとめもなく写真を撮っていたことがあるのですが、南ウェールズのカーディフを通ったときに撮った一枚がこれです。

Close-up-of-the-unexplained-object-by-the-church-steeple
photo: mirror
教会の尖塔の右上部分を見てください。修道僧か司祭のように私には見えるのですが、ご判断は読者にお任せします。

——カナダ、アルバータ、サラ・オールウッド

続きを読む

イギリスの新聞に寄せられた心霊体験談より。その4 囚人服を着て足に鎖のついた謎の人影。

Ghostly-figure-snapped-at-Nottinghams-Galleries-of-Justice
photo: mirror
ノッティンガムシャー
イギリスの心霊現象最多発地帯で撮影された男性の幽霊


心霊現象の専門家が、レンガ壁の中から歩き出てくる男性と思われる怪しい人影を撮影しました。現場はイギリスで最も霊が出やすいとされている場所です。

超心理学者の資格を持つサイモン・ブラウンは、兄弟とともにノッティンガムの司法博物館に出かけて100枚の写真を撮りました。

撮った写真をダウンロードするまで、彼は人影には気付いていませんでした。写っていたのは、博物館の職員や入場者が、館内の各所で見たと報告しているのと同じ人影でした。

司法博物館は以前は裁判所と刑務所とを兼ねた建物として使われており、霊の姿を見たり音を聞いたりといった話や、心霊体験をしたという話が多く報告されていましたが、このような形で記録されたのは初めてです。
続きを読む

イギリスの新聞に寄せられた心霊体験談より。その3

uk_-_45095
photo: wikimedia スウォンジーの運河
チェシャー
パブで写真にうつったもやもやとした人影

調査を依頼された先でこの白い人影を撮りました。

パブなのですが、持ち主の女性から、半信半疑ではあったものの、深夜、誰もいないのに女の声が聞こえたと言って依頼を受けました。

調査の過程で、リリーと名乗る女性の霊とコンタクトすることができました。建物がまだパブになる前、農家だったころにそこで働いていたそうで、その場所が気に入っているので辺りにいたいのだそうです。

私は霊媒師で、霊からインスピレーションを受けるアーティストでもあります。女性の霊が厨房の扉の前に立っていると感じ、この写真を撮りました。

——チェシャー、クリスティーン・ウォルシュ
続きを読む

イギリスの新聞に寄せられた心霊体験談より。その2

576px-Lincoln_Cathedral-West-close-up
photo: wikimedia リンカン大聖堂
リンカン
ヴィクトリア調のドレスを着た女性がすっと消えた


昨年の10月のことですが、午後6時ぐらいでしたでしょうか、かなり暗くなって街灯が点いていました。

大聖堂から帰る途中で、超常現象が起きることでリンカンでは有名なグリーストーン・ステアーズという階段になった坂道を下っていました。

背後に足音が聞こえたのです。早足でしたので、急いでいるのだろうと思いました。

脇に避けて通してあげようとしたのですが、ちょうどその時、ヴィクトリア調の服装をした婦人が目の前を通り過ぎて、20mぐらい行ったでしょうか、すっと消えてしまったのです。

リンカンはスチームパンクの舞台として有名な都市ですし、時代めいた服装をする人たちが集まる場所もあるので、目の前で消えてしまうまで、その女性が幽霊だとはまったく気付きませんでした。

——リンカン、ディーン・アンダートン
続きを読む
フォローする
記事検索
  • ライブドアブログ