満艦飾

風景、都市、科学、動物、オカルトなどなど。 世界のウェブサイトを巡りおもしろく感じた話を日本語にしてお送りします。

カリフォルニア州

モハーヴェ砂漠の太陽熱発電所で鳥の丸焼きが量産されているらしい。これはむしろ本当にチキンや七面鳥で丸焼きを作って特産品として売り出すべきなのでは。

640px-RotisserieChicken
photo: wikimedia
米カリフォルニア州のモハーヴェ砂漠に設置された、世界最大かつ最先端の太陽熱発電所。ブライトソースエナジー社のイヴァンパ発電所では、2分に1回、鳥が丸焼きになっていると野生生物局の担当者は語ります。鏡で反射されて集められた太陽光によって、焼け焦げてしまうと言うのです。イヴァンパ太陽熱発電システムはガレージのシャッターほどの大きさの鏡30万枚以上を使って、40階建てほどの高さの「発電塔」に太陽光を収束させることで発電します。このシステムひとつで14万戸にも及ぶ家庭に電気を供給できます。ネヴァダ州境に近いイヴァンパ・ドライレイクに位置しているこの発電所、オーナーである3社の一角をGoogleが占めています。
続きを読む

サンディエゴ名物、ゾンビの行進が間違った方向に進んでしまい大混乱となる。

1024px-Pelotas_Zombie_Walk
photo: wikimedia
間違った方向と行っても道を間違えたわけではありません。ただ、こんなはずじゃあなかったという……。米カリフォルニア州サンディエゴで毎年開催される多彩な大衆文化の祭典、コミコン (Comic-con) では、人々がゾンビの扮装をして練り歩く「ゾンビ・ウォーク」が恒例となっていますが、今年はそこで大きな事件が起きてしまいました。行列が通り過ぎるのを待っていた車のドライバーが、次第に我慢が出来なくなってじりじりと車を前に出したところ、ゾンビ (の格好をした人間) がわらわらと集まってきて車を取り囲んでしまいました。「ドライバーはどんどん興奮して行って、ゾンビがちょっと車を揺らしたかした途端に、アクセルを一気に踏み込んでドカンですよ」と現場にいた目撃者は語っています。ドライバーは車を発進させたときに歩行者 (ゾンビの扮装はしていませんでした) を轢いた疑いが持たれています。別の目撃者が言うには、「とにかく女の人をぶっ倒して、行っちまったんだよ」とのこと。女性は腕を骨折し、その他に2名の軽傷者が出ました。
続きを読む

犬が戻れば猫だって。森で2年間孤独に過ごしていた犬が飼い主と再会した話。そして猫はがんばって13年間。

191390-74875936-f774-11e3-8ea9-a081f3513119
photo: facebook 飼い主との再会を果たしたマーフィー
2012年、米カリフォルニア州のタホ国有林にキャンプ旅行に出かけたネイサンとエリンのブラウン夫妻。飼っていたゴールデンレトリバーのマーフィーがキャンプ場で行方不明となってしまいました。夫妻はすぐにチラシを配り、Facebookのページまで作ってマーフィーを探しましたが、2年間何の手掛かりもありませんでした。しかしこの6月上旬、マーフィーが姿を消した地点から10kmと離れていないキャンプ場で犬を見かけたという情報が入ったのです。夫妻はさっそく車で出かけて捜索に入りました。一日かけてあれこれ探しましたが、結局見つけることはできませんでした。そこで夫妻はある行動に出ました。キャンプ場の管理人に、マーフィーの使っていた寝床と夫妻の服を何点か、そしてネイサンの野球帽を預けて帰ったのです。
続きを読む

ロサンゼルスの夜景ばかりをひたすら美しく捉えたタイムラプス動画"Above LA"。地上に広がる格子状の銀河。

mp4_000114072

ロサンゼルスを高い位置からひたすら撮影したタイムラプス動画です。その名も"Above LA"、「ロサンゼルスの上」というか「上空」というか、見渡すということですね。ただしこの動画、高いところから撮ったというだけではありません。夜景、夜景、夜景。夜景に集中して撮影してあって、とにかくそれが素晴らしすぎるのです。
続きを読む

葬儀に参加するはずが葬儀を防いだ四児の母が、テキサス州当局から表彰される。

ssjm0522sjhero01-L
photo: San Jose Mercury News 表彰されたイリア・ウォルニックと、テキサス州交通安全当局の警官
イリア・ウォルニック (Iria Wolnick) は母親の葬儀に向かう途中でした。しかしイリアは葬儀場に到着することはなく、代わりに、葬儀をひとつ防ぐことになったのです。昨年の7月5日、真夜中過ぎ、イリアはテキサス州の田舎でひとつの自動車事故に行き会いました。幹線道路で自動車が燃えていました。そこでイリアが見せた英雄的働きにより、5月21日、テキサス州当局より表彰を受けました。カリフォルニア州サンノゼ在住のイリアは、19歳のナイザー・サルダナ=キランタン (Niser Saldana-Quilantan) を野原の真ん中で見つけました。乗っていたSUVが立木に衝突し、ナイザー、彼女の夫、そして2歳になる女の子が、衝撃で車から放り出されてしまったのです。車は横転し、燃えていました。
続きを読む
フォローする
記事検索
  • ライブドアブログ