満艦飾

風景、都市、科学、動物、オカルトなどなど。 世界のウェブサイトを巡りおもしろく感じた話を日本語にしてお送りします。

これぞまさにスコットランドという湖水の風景。風格を感じます。そしてネッシーの気配も。

mp4_000015190

スコットランドの分離独立が否決されたので、記念にと言うわけではありませんがスコットランドの風景です。高い位置からドローンで撮影している、とりわけ派手なことをしているわけでもない、しかしながら風景の魅力を余すところなく伝えてくる動画です。
続きを読む

渦巻くオランダの空と雲。夕焼。ああこの世は移ろいゆくばかり、変わって行くことのみが変わらない。という幻想的な動画です。

mp4_000030480

オランダの空をひたすら撮ったタイムラプス・コンピレーションです。オランダはご存知の通り低地が多く、運河や水路が縦横に走り、陸と水とが入り組んで国土をなしているイメージです。空は空で水 (雲) と空気とが入り組んで漂っていて、まるまる水の幻想に覆われた空間であるようです。また土地が平らであるだけに、上空の雲の立体造形がいよいよ面白く感じられる、そのような対比も見て取ることができます。
続きを読む

干ばつに襲われたテキサス州のある町で「トイレの水を飲む」計画が進行中。そのものを飲むのはきついが、高度処理されているなら……となるかどうか。

Flushing_toilet
photo: wikimedia
みなさんはトイレの水を飲めと言われたらどう感じますか。間違っても良い気分にはならないですよね。そういう方はテキサス州のウィチタフォールズには引っ越さないようにご注意下さい。というのは、自治体が下水をリサイクルして、飲み水として使おうとしているからなんです。3年間も継続中の、極度の干ばつに襲われている同地域。この計画が実行に移されると、飲料水の約半分が下水を処理したものとなります。住民がトイレの水を流すと、最近整備された21kmにも及ぶパイプラインを通って汚水処理施設に送られ、浄化され、飲める水となって再び住民が使う蛇口へと戻ってきます。
続きを読む

サハラ砂漠の真ん中の水溜り。数千年も生き残っているワニの一群が暮らしています。チャドのゲルタ・ダルシェイ (Guelta d'Archei) に見る奇跡の生態系。

guelta-archei-1%255B6%255D
photo: National Geographic
ゲルタ・ダルシェイ (アルシェイのゲルタ、Guelta d'Archei) はサハラ砂漠の真ん中にあるオアシスです。正確に言うと、オアシスではなくゲルタと呼ばれる地形です。ゲルタは砂漠地帯に特有の湿地で、地下水が低地の表面に流れ出し、消えることのない水溜りや水場を形成しています。ゲルタの中で最も有名とされるゲルタ・ダルシェイは、アフリカのサハラ南部の国、チャドにあります。チャドの北東部、エネディ高原の岩山を貫く荒れた渓谷、その一部がゲルタとなっているのです。ゲルタ・ダルシェイの水は、この地域特有の、そそり立つ砂岩の壁に守られています。毎日、通過する隊商が数百頭のラクダをゲルタに放ちます。膝ほどの深さのゲルタに入れて、水を飲ませたり、休ませたりします。数百年間に渡り蓄積したラクダの排泄物で、ゲルタの水は黒く濁っています。
続きを読む

海の波を静止画像にするとこんなにも面白い形が。写真家レイ・コリンズの"SeaStills"。

mp4_000401920

SeaStills(シースチルズ)は写真家レイ・コリンズ(Ray Collins)の作品を紹介する短編映画で、クリス・ドゥチンスキ(Chris Duczynski)との共同作業により実現しました。海の波といえば絶えず揺れ動き移動し逆巻き崩れ、ひとときも休むことがない存在です。レイはその波のある瞬間をカメラのファインダーで切り取り静止画像にすることで、波の持つまったく意外で新しい側面を見る者の前に差し出します。
続きを読む
フォローする
記事検索
  • ライブドアブログ