満艦飾

風景、都市、科学、動物、オカルトなどなど。 世界のウェブサイトを巡りおもしろく感じた話を日本語にしてお送りします。

箱庭

俺が海賊だったら絶対ここに宝を隠したな、というプエルトリコの隠れ家的海岸「マル・チキータ」。

Mar-Chiquita-Beach--Manati-----Puerto-Rico
photo: fireelf.com
プエルトリコ北岸、サン・フアン市の西方約40kmにあるマナティ海岸。長く続く岩礁地帯の東の端に、ほんの小さな裂け目があり、その奥に守られるようにしてマル・チキータ海岸が横たわっています。マル・チキータ、直訳すると「小さな海」になります。半円形の湾と、それを取り囲む半円形の砂浜。直線部分の真ん中、一ヶ所だけが途切れ、大西洋とつながっています。波の浸食作用により岩壁のその部分だけ穴が開き、内側の砂浜に水が流れ込んだのです。湾内部の波は、戻る波と穴から入ってくる波とがぶつかり、それなりの高さになっています。それがまた、さらなる浸食作用を生んでいるようです。
続きを読む

青い海に囲まれた青い湖。ガラパゴス諸島のロカス・ベインブリッジは天の賜物。

bainbridge-rocks-0%255B2%255D

ロカス・ベインブリッジ(ベインブリッジ列岩、Bainbridge Rocks)はガラパゴス諸島の真ん中に位置する小島の群です。その中のひとつが、写真のように見事なカルデラを備えています。中心に溜まった水は海水が浸透したものだとか。塩水なので干潟のようになっているのでしょう、フラミンゴがたくさん訪れるそうです。周囲の海と、カルデラ湖と、同じ青ながらも色あいが異なり、美しい対比を見せています。
続きを読む

日本にもあった小ロストワールド。石川県の見附島は地球スケールの悲恋の物語の舞台だった。

0000004506
photo: すず観光ナビネット
石川県珠洲市にある見附島(みつけじま)です。別名、軍艦島とも呼ばれています。そう呼ばれているのが実に納得できる姿形をしていますね。しかしこの島、明治初めぐらい、つまり約150年前までは陸続きでした。全体が珪藻土で出来ており、柔らかいことから波に激しく侵蝕され、陸から切り離され今の形となりました。このように海岸沿いにぽつんと立っている岩や島を海食柱と呼びます。海によって食べられていく途中。なんだかさびしいですね。
続きを読む

こんな小さな島に完璧な円を描くカルデラが。空想と現実の間に浮かぶ不思議の島、ヴィラ・フランカ・ド・カンポ小島。

islet-villa-franca-5%255B6%255D

大西洋の真ん中に浮かぶ火山島群のアゾレス諸島。ポルトガル領のこの群島は9つの島からなり、本土から約1400km離れた沖に位置しています。9つの島の内で最も大きいのがサンミゲル島です。東西90km、南北10kmほどのこの島の中央部、その南岸に、ヴィラ・フランカ・ド・カンポ(Vila Franca do Campo)という名の人口5千人ほどの村があります。

この村の沖合い約500mほどのところに小さな島が浮いています。ヴィラ・フランカ・ド・カンポの前にあるので、そのままヴィラ・フランカ・ド・カンポ小島(Ilheu Vila Franca do Campo)と呼ばれています。写真をご覧いただけば分かるように、この島、真ん中に驚くほど丸い「プール」を抱え込んでいます。いったいどうしてこんなにきれいな円ができたものなのか……。プールの一部は縁が途切れており、そこから外海へと狭い水路が通じています。
続きを読む
フォローする
記事検索
  • ライブドアブログ